MENU

睡眠ゴールデンタイムでニキビを改善


健康な肌を保つには、十分な睡眠が不可欠です。
睡眠中に皮脂に栄養が補給され、肌のターンオーバーも活発におこなわれます。
特に22時〜2時まではゴールデンタイムと呼ばれ、睡眠による肌の美容効果が大きいです。

 

睡眠のゴールデンタイムとは
ゴールデンタイムとは成長ホルモンの分泌が活性化される時間のこと。
成長ホルモンの分泌が、ターンオーバーのスタート合図となっているため、このゴールデンタイムに睡眠を取ると肌質の改善に効果的だと言われています。

 

そのためには、大体6〜8時間前後の睡眠が必要とされています。2時間や3時間の睡眠で満足感を得られる人もいますが、それでは肌のためには不十分です。
そうした生活が長く続くとニキビをはじめ、様々な肌トラブルの原因となります。

 

また、夜更かしをするとホルモンバランスが崩れ、皮脂分泌が増加したり、肌のターンオーバーがうまく機能せず毛穴をふさいでしまいニキビになりやすくなります。

睡眠の質を大切

 

睡眠の「質」も重要なことのひとつです。
ゴールデンタイムが肌を生まれ変わらせるために最高といっても、実際問題なかなかこの時間に睡眠を取ることは難しいですよね。
そういう場合はは睡眠の質を重視してみてください。特に最初の3時間質の高い睡眠を取ることが大切

 

これは脳から分泌される成長ホルモンは睡眠後、最初の3時間が一番分泌されるからです。

 

ですからこの時間に充実した睡眠をとることができれば、高い美肌効果を得られます。

 

睡眠の質を改善するには、適度な運動をする・就寝前にゲーム、携帯、パソコンなどはしない・深酒、過食、カフェインを摂らないことなどに気をつけましょう。
また、積極的に質の良い睡眠にするためには部屋の明かりに気を配ったり、就寝前にストレッチをしたり、アロマテラピーで自律神経を安定させたりすることが有効です。

 

正しいスキンケアとともに毎日とる睡眠を、ニキビは改善されますから、ニキビにお悩みの方はぜひ自分の睡眠をもう一度見直してみてください。