MENU

ニキビができやすいのはホルモンバランスのせい?

顔にできるニキビ、体にできるニキビ、そして思春期ニキビに大人ニキビ。
場所・種類を問わず全てのニキビにはホルモンバランスが深く関係しています。

 

女性ホルモンには「卵胞ホルモン」「黄体ホルモン」があります。
卵胞ホルモンは皮膚の水分量やコラーゲンを増やし、肌をやわらかくふっくらさせてくれます。
黄体ホルモンは皮脂分泌を盛んにしてターンオーバーを悪くさせます。

 

みなさんは生理前にニキビが出来やすくなりませんか!?
これは生理前は卵胞ホルモンの分泌が減り、黄体ホルモンが増えるため、
皮膚が硬くなり乾燥気味のところへ皮脂分泌が多くなるのでニキビができやすくなるのです。

 

ですから卵胞ホルモンの分泌が安定させることができればニキビは出来にくくなるということ。

じゃあどうするれば卵胞ホルモンは安定するの?

卵胞ホルモンの分泌が低下する原因はストレスや不規則な生活ですから、
生活改善方法は睡眠を十分に取ること、適度な運動をすること、暴飲暴食をしないこと等があります。
また足湯や半身浴なども卵胞ホルモンの分泌を整える有効な方法です。
食生活からも卵胞ホルモンの分泌をアプローチしてみましょう。
大豆に含まれる「イソフラボン」は卵胞ホルモンの擬似ホルモンで、不足している卵胞ホルモンの働きを補ってくれます。豆腐、枝豆、納豆、味噌、豆乳などを摂取するようにすると、イソフラボンが卵胞ホルモンと同じような働きをしてくれて、ニキビが出来にくくなります。
イソフラボンを普段から摂取するよう心がけましょう。

 

ホルモンの調整と同様に、肌に負担をかけない正しい洗顔やオルビスのクリアローションを使った入念な保湿ケアといった肌の直接的なケアも大切です!
生理前に限らずニキビができやすい方は、ほかの原因が考えられますから、まずはお肌のケアから始めてみることをオススメします!